icdl.webmaster.0001@gmail.com

  • 2019.9.19

  • アトリエから ひとこと
  • 多くの方々にとって“花”は、身近でしょう。花に直接触れたり、近づいて香りを感じたり、無造作に唇でふれてみたり、あるいは、誰かを喜ばせるためにプレゼントしたりすることもあるでしょう。または、熱烈な園芸家の方もいらっしゃるでしょう。私もそういう人間のひとりです。 そんな中、……

  • 2019.12.1

  • アトリエから ひとこと
  • 日常の料理に使う野菜そして果物をみつめていると“いとおしさ”に溢れてきます。それらは、美しい花と同様に魅力にあふれているからです。 わたしは、このホームページ開設を機に果実や野菜の魅力を花と共にキャンバスに開花させ、みなさまにご紹介していきたいと思っています。 また、作品……

  • 2020.2.14

  • アトリエから ひとこと
  • 立春もとうに過ぎ、ふりそそいでくる光が日増しに春めいて感じます。 心地よい季節の到来を夢みて、今暫くは、空気の乾燥とも向き合わなければなりません。加湿器、空気清浄機をフル稼働させて体調維持に努めましょう。 いま私は、大きい作品(91x91cm)の制作数点に追われています。……

  • 2020.7.10

  • アトリエから ひとこと
  • ☆新作リリースの潜在的テーマ☆ ウィルスとの共存社会へ 今年に入り大流行している新型コロナウィルスは、ある程度収束して緊急事態宣言も解除され、日常は戻りつつあります。とはいえ、以前とは違う生活様式での新生活が始まり、今後もウィルスとの共存・共生を余儀なくされるのでしょう。 そ……

  • 2020.12.8

  • アトリエから 2021年へ向けて
  • 今年もあっという間に師走を迎え、慌ただしくなってきました。東京では、11月とは思えないほどの暖かで穏やかな日々が続いていただけに、このところの師走らしい気温に身が引き締まる思いです。 私のアトリエでも、他のアーティストの方々同様、新作完成をめざし、来年の展覧会への締め切りに向か……

  • 2020.12.8

  • アトリエから 立春
  • 2021年、年が明けて早一か月が経過しました。2020年に引き続き、コロナ禍での様々な形で影響を受けられている全てのみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。 立春を目前にして、気分は春めいてきますが、まだまだ寒い日々が続くのでいま暫くの辛抱です。このような寒さの中でも、花の……

  • 2021.4.30

  • アトリエから
  • 新緑が美しい、心地よい季節となりました。残念なことは、相変わらず新型コロナウィルスの変異型が猛威を振るっていることです。様々な形で影響を受けられている全てのみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。ワクチン接種がスムーズに進むことを願うばかりです。 そういう長引く不安な状況下……

  • 2019.10.1

  • 1. フルーツの上の蘭
    - …
  • ※作品の金額はお問い合わせより、ご連絡ください。 それは、クリスマスを過ぎたある年の瀬の頃だった。タイ・バンコック、シティーホテルのスイートルーム。 チェックインを済ませ、自分の部屋にはいる。ルームメイクされたばかりの部屋を最初にみるとき、いつでもわくわくする。 または……

  • 2019.10.2

  • 2. カラフルミニトマト
    -…
  • ※作品の金額はお問い合わせより、ご連絡ください。 スーパーマーケットの野菜売り場にいくのが好きだ。最近、おしゃれな形状で美しい色をした野菜が多いためだ。 中でもミニトマト。少し前までは、赤だけだったが今は、色も形も豊富。 売り場で備え付けの器の中に好きな種類をいれて最後……

  • 2020.11.5

  • 新美術新聞10月11日号に「薔薇と…
  • 新美術新聞10月11日号、公募展特集記事欄 第21回日本・フランス現代美術世界展内に「薔薇とスイートピーと苺」が掲載されました。(総数 約524点、海外作品 約100点、邦人作品 約426点)   ……