000

心なごむ「花と果実」 
☆ FLOWERS & FRUITS ☆
MAKING YOUR HEART ENRICHED

Recent Topic

第22回日本・フランス現代美術世界展 個展部門
於;六本木・国立新美術館 3A・3B展示室
会期:2021年8月5日(木)~ 8月15日(日)

2021.04.30アトリエから

新緑が美しい、心地よい季節となりました。残念なことは、相変わらず新型コロナウィルスの変異型が猛威を振るっていることです。様々な形で影響を受けられている全てのみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。ワクチン接種がスムーズに進むことを願うばかりです。

そういう長引く不安な状況下で、安心感を与える作品がいっそうよいのではと思っています。穏やかな気持ちになれて、ほっとできる瞬間をめざして、、、、

昨年末からずっと取り組んできた作品の数々は、近いうちにこのオンライン・ギャラリーでみていただけることでしょう。主役である「花」に、「植物」や「観葉植物」が加わりました。また、それらの作品に準主役、わき役として女性も登場します。作品の中で“グリーン”が占める割合を多くした作品を増やしました。視覚的にまず “さわやかさ”が感じられることに重きをおいています。花、植物そしてその脇に何気なく存在する女性、これら三者が絶妙な距離感を取りながら醸し出される“心地よい空間”をめざしています。

今年も昨年に引き続き、8月に行われる日本・フランス現代美術世界展の中の個展部門で4点を展示します。尚、それ以外の作品、数点(100号作品も含め)を加えて10点程を今後、「動画による個展」として制作することを思案中です。

山本智子  Tomoko Yamamoto

Exhibition
個展情報

2020/8/8〜16(11日は、休館日)
第21回日本・フランス現代美術世界展
山本 智子・個展部門
―パンデミック下での人間の潜在的心理―

油彩91x91cm, 4点の作品のモチーフは、昨年、自由が丘での個展に引き続き、花と果実:
紫陽花、薔薇、スイートピー、苺、そして葡萄です。
違いは、今回作品全体での特徴であり包括的なテーマに社会性が加わったことにあります。今、誰しもが直面している“ウィルスと共にある不安な深層心理”です。内容詳細は、MOREで。作品画像は、オンラインギャラリー、新作コーナーで。

Gallery
オンライン・ギャラリー

  • マスカットと薔薇
    S20 72.7 x 72.7 cm

  • バラの花束
    F20 72.7 x 60.6cm

  • ジェリービーンズと花と葡萄
    S20 72.7 x 72.7 cm

  • クリームのかかったイチゴ
    S20 72.7 × 72.7cm

  • K.Y. 氏 2017
    F50 116.7 x 91cm

  • K.Y.氏 2020
    116.7×91cm

  • 白い薔薇
    F3 27.3 × 22cm

  • レモンの上のパンジー
    M3 65.2 × 50cm

  • グレープフルーツ
    SO 18 × 18cm

  • カラフルミニトマト
    F20 72.7 × 60.6cm

  • 結婚祝いの赤いバラ
    F6 41 x 31.8cm

  • りんご
    FO 18×18cm

000
000

PROFILE
プロフィール

山本 智子

東京生まれ。文京区本郷・東大前界隈で育つ。
上智大学外国語学部卒業
シカゴ大学大学院社会科学修士課程 修了(1991)
「ピザとビーズ- 日米の生活文化比較エッセー」丘 智子 著を出版(2003)
サロン・ドトーヌ、ル・サロン他ヨーロッパ、アメリカ等の主要公募展に多数出品。
日本・フランス現代美術世界展 日仏賞、美術の窓賞、受賞 (2015)
銀座・藤屋画廊にて個展―神秘の花花(2018)
自由が丘・ル・シェル・ブルーにて個展 ー心なごむ”花と果実” (2019)
日本・フランス現代美術世界展 個展部門(2020)

About the Artist

Tomoko Yamamoto is a Tokyo born artist. She received her B.A. Degree from Sophia University, Tokyo Japan and completed her M.A. Degree in Social Sciences at the University of Chicago in 1991.
In 2003, she published a book, “PIZZA & BEADS- Essays on Comparative Culture; Japan and USA“ under the name of Tomoko Oka – her pen name.
She exhibited quite a few works in Europe and the U.S. including Salon d’ Automne and Le Salon. She won France-Japan Award in the France-Japan Multinational Art Exhibition and THE WINDOW OF ARTS (ART collectors’ monthly magazine) Award in 2015.
She held her first solo exhibition in 2018, at Fujiya Gallery, Ginza, Tokyo.
In October (2019), the solo exhibition was carried out in Jiyugaoka, Tokyo. (Gallery Le ciel bleu)
The France-Japan Multinational Art Exhibition(Solo Category)was held in 2020 , at the National Art Center (Tokyo, Roppongi).

MORE

News
プレスメディア

  • メディア
  • 新美術新聞10月11日号に「薔薇と…
  • 2020.11.5UP
  • 新美術新聞10月11日号、公募展特集記事欄 第21回日本・フランス現代美術世界展内に「薔薇とスイートピーと苺」が掲載されました。(総数 約524点、海外作品 約……

  • MORE
  • プレス
  • 日本・フランス現代美術世界展202…
  • 2020.10.12UP
  • 国立新美術館にて開催された日本・フランス現代美術世界展2020の様子を動画でご覧いただけます。 詳細はこちらから……

  • MORE
  • プレス
  • ジャン・マリ・ザッキ氏による講評動…
  • 2020.10.12UP
  • 日本・フランス現代美術世界展2020に出展した作品をジャン・マリ・ザッキ氏より講評して頂きました。 詳細はこちらから……

  • MORE