知的エンターテイメントにご紹介して頂きました。

  • 2020.8.10

    知的エンターテイメントにご紹介して頂きました。

    2020/8/10 知的エンターテイメントに、ご紹介して頂きました。
     
    第21回日本・フランス現代美術世界展で、山本智子さんの作品を観てきました。

    東京・六本木の国立新美術館3A・3B展示室で8月16日(日)まで開催中の、
    第21回日本・フランス現代美術世界展。サロン・ドトーヌ特別協賛ということ
    もあり、いかにもサロンっぽい正統派絵画も多いのですが、一方で現代センス
    あふれるユニークな立体から日本の伝統に根差したものまで、幅の広い多彩な
    魅力の作品群が、それも無料で楽しめるという、嬉しい企画です。

    そんな中、山本さんの油彩4点は、決して声高に何かを主張することなく、
    静かに会場の中心付近に展示されていました。4枚とも植物が主なモチーフで、
    また一辺91cmの正方形の中央に大きな円のある構図も一貫しています。そんな
    ところから声高感こそないのですが、だから作品としての存在感もないという
    わけでは決してありません。

    4枚のうち、左の2作品で描かれるのは紫陽花。中央の円の構図がはっきり
    していて、ほとんどその円の中で完結しています。ひとことでいうなら「静的」
    でしょう。少数の花びらが円の外をひらひら舞っているのも含めてです。一方、
    右の2作品は、情熱的な薔薇の花弁や、味の記憶が生々しく蘇りそうな果物が
    使われていることもあり、「動的」なエネルギーがほとばしっています。その
    果物も、一番右の作品は葡萄でどこか「知的」なイメージ。そしてその知的さ
    は、一番左の寒色に支配された作品とも共通しています。一方、右から2番目
    の作品で描かれる果物は苺。こちらは色からいっても「情熱」的。そしてそれ
    は左から2番目の作品の、メリハリのある色使いに通じるものがあります。

    だから一番左からみていくと、まず「静的」が並び、1つずらして「情熱」
    があり、また1つずらして「動的」と続き、そして次に一番右がぐるりと円環
    する感じで「知的」となり、また一巡して「静的」に戻る。そんな無限ループ
    の中、いつまでも鑑賞を続けたい気持ちになってくるのです。4作品とも上記
    ウェブサイトの「オンラインギャラリー」で閲覧可能ですが、お盆もステイ・
    トーキョーしている人は、ぜひ六本木に足を運ぶことをオススメします。